物語はあるか








ホームセンターの駐車場で見つけた、あの車は物語で囲まれていました。描いたのは
何歳ぐらいの女性だったのだろう?物語を携えて、その物語を描写しながら生活している姿勢を、しばし考えてしまいました。車を目撃した同僚の寛太氏と、あのおばあちゃんを探してきて、お皿に絵付けしてもらったらどんなことになるだろうという話にまで発展しながら、ふと私達はあのおばあちゃんのように物語を携えているだろうか?と。

私達がそんな会話の中で、無言になり空虚を見つめた隙に、同居猫2匹はすかさずそのタイミングを捉えて、テーブルの上の皿に残るクリームとかバターとかパン屑の余韻に手を伸ばします。おっと待った!そう簡単に躾けを忘れる甘い飼い主ではないのよ。皿に延ばした手ごと抱きかかえられたメリーは、まるで瞑想にふけるブッタのような半眼の目で、「えっ、私は今何をしました?私はただ宙に手を伸ばしただけなのに、・・・」今ここに物語があるとしたら、ストーリーを次々生み出す彼女らの存在そのものに違いないと、爆笑。

そしてこの秋には、ケン・フォレットとジェフリー・アーチャーの物語を続けざまに文庫本で合わせて13冊読んでしまいました。両者とも20世紀を時代背景として物語を展開させています。ケン・フォレットの7冊は20世紀三部作のうち二部までのもので、先ごろ三部の完結編が出たばかりです。さすがに40人ものスタッフを抱えるフォレット事務所は英語版出版と同日にドイツ語版を出しています。(これはまだ読んでいない)
内容がドイツ東西の壁が築かれてから、壁崩壊までの年代ということで、早くもドイツでは、この三部目がベストセラーの1位になり、本屋さんでは英語版、ドイツ語版が山積みされています。一方ジェフリー・アーチャーの6冊もクリフトン年代記なる長編シリーズの三部までで、やはり先ごろ続きの第4部が世に出ましたが、こちらはまだ英語版のみです。

ストーリーテラーとかページテラーという、いかに読者の読む速度をアップさせる物語展開を創出しているかは、この両作家に言えることで、そうでなかったら私もこの10月の2週間に13冊(正確にはケン・フォレットの旧作3冊も読み返したので16冊)を読み下すことが無かったでしょう。

さてその後、それぞれの続編はどうなるのかと、両者のホームページを覗いてみると。
ケン・フォレットは16分のビデオインタビューの中で、20世紀三部作の核心をまじめに語っています。20世紀という時代が果たして読者の興味になりえるかと、疑問に思いながら構想していくうちに、20世紀にはそれ以前の時代にはなかったほど多くの人々が暴力の中で命を亡くしたこと。体制との戦い、女性の戦い、スペイン戦争そして二つの世界大戦。それらが過ぎ去ってさらに東西の冷戦。第三部の完結編は、彼らが何のために戦い続けたのかをタイトルにしているのですが、その物語を追い続けたケン・フォレットはビデオの最後で、嫌いだったニクソン大統領に対する認識を新たにした、と語っているところが隠し味かもしれません。

対決するジェフリー・アーチャーのページがまた傑作。彼のブログ記事というのがあるのですが、朝起きてすぐ、ニューヨーク・タイムズのベストセラーランキングに目を通す、というような記載があります。クリフトン年代記の中でも、ベストセラー15位に入らない本の運命を説明している箇所もあり、そのような作中に実体験的ストーリーが紛れ込んでいるようなところに、同じイギリス作家としてケン・フォレットへの対抗意識が見えてくるようで、私は楽しめました。ケン・フォレットが教科書に出てくるような歴史上の出来事の中で、フィクションの人物像を自由に操り、今までに無い歴史を見せるプロフェッショナルなら、ジェフリー・アーチャーは自らの波乱万丈な人生から、幾つもの物語を語ってみせるという対決だろうか。アーチャーはこの長編シリーズを五部のサッチャー登場あたりで締めくくろうとしたが、どうしても主人公にあと30年活躍して欲しくなり最終的に七部まで続いてしまうらしい。

ケン・フォレット、ジェフリー・アーチャー、そりに車に描いているおばあさん。10月は物語を生み出し続けている人々に圧倒されつづけて。



d0132988_631965.jpg

我が家のストーリーテラーたち










d0132988_6314169.jpg









d0132988_6321041.jpg

[PR]
# by kokouozumi | 2014-10-20 06:35 | 人々 | Comments(0)

10月3日 ドイツ統一の記念日

この日のテーマソングはこれしかない。
スコーピオンズのウィンド オブ チェンジ

クラウス・マイネの口笛で始まるこの詩は
毎年、特にこの日、さまざまなドキュメンタリー番組の背景に流れていた

一度、口笛を吹くマイネの姿をライブで見たいと思っていたら
今日はこの曲が出来てから25年ぶりのライブでの演奏がラジオから流れた。
口笛がちょっと調子はずれになっていたような・・・

もともとは、ベルリンの壁崩壊以前に、前年の1989年にスコーピオンズがモスクワ公演をした際に
目にした情景から作られた詩が、

東西冷戦終結、グラスノスチ(ロシア情報公開)に続いて、予言的にドイツ東西の壁崩壊をも歌っている
ことと捉えられ、ベルリンフィルとの競演で(ロックバンドが)マイネの口笛が消えてしまったりしながら、ヒットチャートを上り詰めた詩だが


忘れた頃に、ラジオからこの口笛が聞こえてくると、なぜか・・秋だなあとも、感じてしまう。

ライブ版と背景曲版を下記に
背景曲版が終わると、壁崩壊を伝える1989年当時のニュース番組も出てくる。












[PR]
# by kokouozumi | 2014-10-04 07:11 | 独逸 | Comments(0)

作品 その2





もうすぐ10月。冬の準備や冬の前にやるべきこととか、いろいろなことをもう後回しに出来なくなった。木の柵や戸に保護ペンキを塗らなければ。そのペンキを探しにホームセンターへ出かけ、ついでに薪も買い込む。買い物を積み込んでの帰りがけ、こんな作品に出くわした。



d0132988_65139.jpg


鶏小屋のある庭からは廃墟が眺められる。鶏小屋にはちゃんと鶏専用の入り口が開いている。一匹の雄鶏がいかにもうるさそうに鳴いているようなのはペーターソンとフィンドスの話を思い出す。私はペーターソンとフィンドスの動画でこの鶏小屋のつくりを知ることになったのだが、この町に引っ越したら、昔農家だったらしい造りの家が多く残っていて、そのような家の中庭にある納屋には隅のほうに必ず小さな鶏専用の出入り口が残っている。



d0132988_655180.jpg


作品はある物体の周りをぐるりと取り囲んで描かれている。
このキツネさんの左右を見ればその物体がなにかばればれだが・・・






d0132988_661753.jpg


柔らかな白とグレーの陰影でやさしく描かれている羊が2匹。単純そうでなかなか丁寧な描きこみの、この部分から作品が始まったのではないかしら。







d0132988_664192.jpg








d0132988_67215.jpg


羊や牛達の牧場と反対側には、のどかという言葉に対して理想的な家が。もちろん犬も猫も住んでいなければ。





d0132988_673237.jpg


しかしこのワン君、遠目にはおとなしそうに見えるのに、玄関の注意書きをよく読むと、「噛み付く犬に注意」ということだ。






d0132988_675338.jpg


鶏と羊と牛と犬と猫・・・は見かけたが、人間は一人も描かれていない・・・
しかしこの場所にもかつては領主が居て、領主の館が高台に聳えていた。さてこの館から建築様式を探り出し、この場所が何処なのかを割り出すことが出来る人は?
それが出来たら、絵の作者がこの車に乗って何処に行きたいのか、分かるだろう。








d0132988_681169.jpg


制作者をちらりと見かけた。小柄なおばあさんだった。









d0132988_683033.jpg


助手席側のバックミュラーに描く、ペンキを買いに来たのだろうか?
一体どのくらいの時間をかけて、この絵は描き続けられたのだろう?
どんな場所で?
おばあさんはさっさと買い物に行ってしまった。車の周りをひとまわりしながら絵を追いかけていると、聞いてみたいことが次々思いついて、おばあちゃん早く帰ってこないかな、とホームセンターの入り口につい目を向けてしまった。

いつか又この車とおばあさんに会えるかもしれないという楽しみが出来た。

この町に引っ越してからそろそろ1年。
[PR]
# by kokouozumi | 2014-09-26 07:23 | 美術 | Comments(0)

秋めいて









長い間いじらなかったスキンを変更するのに、どうすればよいのかすっかり忘れてしまって
何度も手探りで写真サイズをいじることになり、ブログを始めたばかりの頃を思い出し、懐かしかった。

今日はそれだけ
言葉はいずれ後で
d0132988_5175598.jpg











d0132988_5181168.jpg















d0132988_518256.jpg

[PR]
# by kokouozumi | 2014-09-06 05:20 | Comments(2)

日曜日




引っ越したばかりの昨年10月、薪ストーブの準備で朝が始まるという、この家の冬対策に追われることになった。やっとその仕事から解放された4月には、庭の草がぐんぐん伸び始めた。除草作戦第一弾は庭の石畳を覆っている土ごとはがしてしまえ・・ということで、同僚の寛太氏が何日もがりがりとスコップで土はがしをした。

6月の展覧会には、きっと10年ぶりぐらいに全貌を現した庭の石畳が会場の印象となった。しかし7月になると、きっと10年間のうちに増え続けたタンポポが石畳の間から、またぞろ葉を伸ばし始めた。草取りを始めると、表面の葉っぱがちぎれるだけ。タンポポって、ものすごく地下深くに根を伸ばしていることが分かった。大家さんの庭仕事道具から、それらしい根掘り武器を探し出し、石畳の間をカチカチ言わせながら、タンポポ掘りをやってみたが、とても全部の根を撤去することは出来ない。毎日少しづつやっと庭全体のタンポポ表層を撤去した頃には、始めに手をつけた部分にうっすら緑の葉が出てくる。

これを徒労というべきか、朝の時間を台無しにされていると思うべきか・・・
この家に住んで、朝の仕事は季節を変えて次々発生するし、時間を浪費しているはずだが、なぜかあまりその時間が惜しいとは思えない。これまでの人生で、はたしてこれほどの徒労に従事したことがあっただろうかと考えてみると、そんなことをしている暇が無かった時には、こんな家に住むこともなかった・・と気が付く。

ははは、そうかと思いながらタンポポの根をカチカチ切り取っている周りで、最近は猫の姉妹が駆け回るようになった。そういえばこの子達は良く食べ、よく排泄するので、猫砂掃除ということが、朝の作業として無視できなくなった。

ちょっと熱心に作業し、ちょっと熱心に遊んだ(これは猫たちだが)日の朝食はシンプルになる。コーヒーにバターを塗ったトースト一枚とヨーグルト。本を読みながらに適した朝食。語学学校時代、コソボからの難民学生が一服のタバコが朝食と、何も無いことを表現していたが、それに比べたら豪華な朝食。

8月なのにドイツらしく、肌寒い日々が続いている。もうすぐ冬の仕事が始まったら、どれだけの時間を朝に費やすのだろうと思いつつ、そんな時になっても、みんな元気で過ごせたら幸いと、とりあえず今は、本のページをめくる。






d0132988_653383.jpg







d0132988_6531887.jpg










d0132988_6533354.jpg


大事なネズミさんを失くさないように!
[PR]
# by kokouozumi | 2014-08-19 06:56 | | Comments(0)

作品

作品制作の現場は大抵、秘密裏に行われているものです。
5月のこの場面も今日まで公開を控えていました。








d0132988_5544664.jpg

作品そのものは・・・後からの写真で分かるように、この彼がこつこつ作っていたものです





d0132988_555541.jpg

2種類の作品を2重構造にする段階で
間にアクリル板を置き、3重の効果を作り上げようと、言うことで仕上げの場面に父が登場。





d0132988_5552392.jpg

3重構造が、美しい効果となるために、慎重な作業が続きます。
父の顔には疲労がにじみ・・・午後9時





d0132988_5553794.jpg

用意された夜食は現場撮影者の私が楽しむのみで
父と子には関係ない






d0132988_555535.jpg

このトマトいいよね!
今繰り広げられている場面は、複雑な構造をまとめる仕事だけれども
実は、こんな新鮮なトマトを描くセンスが、隠されている。






d0132988_5561342.jpg









d0132988_5562824.jpg









d0132988_5564359.jpg

荒削りな一筆書きの中に、何でこんな靴下三本が隠されているの
作者が遊んだ瞬間が面白い






d0132988_557448.jpg








d0132988_55722100.jpg

別な構造コンセプト、
千手観音をすぐに思い浮かべるけど
観音様の本体はドイチェポスト、つまり郵便局の小包送り状に描かれている
周りは手の素描・・・デュラーの手まで
ドイチェポストは僕の意識を届けてくれるだろうか・・・






そう、この制作現場は美大受験の作品作り
彼の元に、今日合格通知が届いて

制作現場公開します
おめでとう!!
[PR]
# by kokouozumi | 2014-08-02 06:45 | 美術 | Comments(0)

たそがれ








d0132988_6401989.jpg



夕方、今日はもう見るべき試合が無いのだと、一抹の物足りなさを感じながら窓の外に目をやると、向かいの自動車修理工場の2階に相変わらずドイツ国旗がはためいている。WMが過ぎ去った今週は、毎日がそのように日暮れていく。

新聞にもWMの後に残る41の変化なる記事があった。

その1 試合中、冷蔵庫にビールを取りに行くのは不注意ということを知った。その間にドイツチームは何点も入れるだろう。

同感。サッカー観戦の第一ポイントはどちらかのチームがシュートを決めて得点表示の0-0が1-0に変わる瞬間を見ていることだと思う。だから私もブラジル対ドイツ戦で、クローゼが2点目を叩き込んだ時点で、ちょっと息抜きしてもいいだろうと、冷蔵庫にワインを取りにいき、ついでに猫のご飯を作ったりして、10分後戻ってみたら5-0になっていた。

こんな調子でさらに40続くのだが、抜書きすると
・共通の話題を持たない会社の同僚との会話は、『昨日の試合見た』ではなく再び、天気と車のことに限られる。

・子供達にとってテレビの前の冷凍ピザという夕食はもうなくなる。残念ながらまた毎日違うものを食べなければならない。

・18時に買い物に行くことは、また混んだ店内にうんざりすることになる。
(試合開始はドイツ時間で18時、22時、0時だったから、あの一ヶ月18時前に買い物を終えてしまわなければ、と生活していた人々が多かったらしい)

37番・これから2週間ぐらいは、自分が独逸人と感じても大丈夫。
38番・今晩何をするか、また自分で考え出さねばならない
39番・一方、一人でテレビの前に座っていることは、友達が一人もいないということではなくなった。
40番・私達は再び花に水をやり、猫に餌をやらねばと思う。そうだ猫がいたはず。
41番・ドイツチームが2016年のEMに向かうとき、誰も予選で消える・・なんていわないだろう。

そうそう6月のWMが始まったばかりの頃、ラジオに寄せられた視聴者のご意見に、ドイツチームはブラジルに休暇に行っただけさ、というのがあって、笑ってしまった。

勝利ってすごいな、と思う。こんなたわいも無い冗談が、あるいは2週間の間しか通用しなくても、一抹の物足りなさを解消する材料になりそう。

向かいの自動車修理工場は日産の代理店でもあり、現社長は日産プリンス・フェアレディZを、息子は2000年ごろの日産フェアレディZを持っている親日家族だ。さらに先代の社長はシュレジエンからの移民で、ホンダのファンだったらしい。

『たそがれ』には誰そ彼という語源があると聞いた。暗くなって向こうからやってくる人が誰なのか見分けが付かないという意味らしい。そのように決勝の夜から1週間が過ぎて、ドイツ国旗も独逸人もドイツ意識も、WM気分も何もかも、次第に闇に溶けていくようだ。

記念切手が発行された。・・・これは2週間後にとても美しいデザインと思えるかもしれない。今は勝利の臨場感として、ちょっと物足りないかな。





d0132988_640473.jpg

[PR]
# by kokouozumi | 2014-07-21 06:43 | 独逸 | Comments(0)

19番 マリオゲッツェ











カナダの姪の息子がマリオゲッツェのユニホームを買っていた。
ライアン君有難う。君は心理マジシャンよりすごいぞ!

だけど、どうしてこのユニホームだったのかな?
11番や13番が売り切れでなかった?

決勝戦の後、ドイツチームの周りには家族が次々集まったね。
クローゼの息子2人。ボアテンの娘(か、どうか確認していないけど)・・お父さんがんばったね。

d0132988_16565663.jpg

[PR]
# by kokouozumi | 2014-07-14 16:57 | 人々 | Comments(0)

ななずまい














WMの夏ですが、今年も猫と飛行機雲を呉須(ごす)描きした風鈴を作っていました。昨年に引き続き第2回2015年の『巻きっ子ドリプラ』を応援するStuttgart日本人会、夏祭りチャリティーワークショップの準備です。郷里石巻・渡波出身の私は、チャリティーコーナーを仕切らせてもらいました。しかし夏祭りで、本当に大変だったのは私以外のお手伝いスタッフ。バザーの売り子さん、風鈴キットをビーズや糸で組み立てのフォロー、折り紙指導、昨年のワークショップで万華鏡にトライした親子3人、今回は指導役に。昨年同様夏の風物詩、ヨーヨー釣りを担当してくださったお母さんと傍でおとなしく待っていた幼子。総勢12人の応援部隊が一日中のお付き合いくださいました。

それからもう一組の応援団。この日、東北支援という共通点から、オイリュトミーの研修者達が東北の踊りを披露してくださると、事前に聞いていました。Stuttgartはシュタイナー学校が、確かいち早くできた場所柄、オイリュトミーを学んでいる外国からの留学生が多いはずです。東京の賢治シュタイナー学園出身者という若者の何人かに、私はこの町に来てから出会っていました。宮沢賢治の世界観・精神性がルドルフ・シュタイナーの提唱する精神と繋がっている、という教育理念の学校です。

そして夏祭りに彼らが登場したら、あれっ!袴の上は派手な女物の着物というこの装束・・なんだか知っているような・・いつ?どこで?と記憶を辿り、岩手県一関市千厩町でみたお神楽の衣装が、確かこのような着付けだったのではと思い当たりました。



d0132988_703653.jpg





1997年。まだデジタルカメラを持たず、写真屋さんで焼いてもらった写真です。岩手県の藤沢町の野焼き祭りに何度もドイツの陶芸家を引き連れて参加していましたが、この年は近くの千厩町で野焼きスタッフの一人がお神楽を舞うというので、偵察に行ったときのものです。この写真から17年も経てしかもStuttgartで垣間見たのは、『七頭舞(ななずまい)』という・・やはり岩手の踊りでした。

『七頭舞』は7つの道具をそれぞれ2人が持って踊るということだが、7組の登場の仕方は儀礼的で、これは武官坂上田村麻呂の時代ではないですか?とまずイメージしてみました。しかし舞台に14人が揃い円舞になると、相撲力士の土俵入りのように膝を折ったまま、跳躍しながらそのリズムで手にした道具(大太刀や長い飾り棒)を動かす、さらに飛び跳ねながら回転する、といった動きは、足腰を常日頃鍛えている騎馬民族系のものではないですか?モンゴルに似たような民俗芸能ないですか?と思ってしまう。そうなると田村麻呂というよりはアテルイか・・。

勝手なイメージはそれくらいにして、七頭舞(正確には中野七頭舞)を調べてみると、江戸末期から明治に移行する頃、黒森神楽(岩手)の神楽太夫だった人が作りあげたということです。岩手県には神楽舞が400種以上も分類されるらしいが、黒森神楽は法印(山伏)が何ヶ月も巡業しながら舞っていた神楽が起源のようです。私が千厩で見た神楽も、その黒森神楽に含まれるということですから、衣装の類似になったのかな?それに足腰の強そうな踊りは、騎馬民族に限らず、山中で修行した山伏の技ということになるのでしょうか?そういえば歌舞伎の中で弁慶が似たような六法を踏んでいたし。

山伏の巡業、つまり門付けということになると、獅子舞にも関係してきます。中国獅子舞の動作と渡波獅子舞のそれが同じ展開をしていたと、前にも書きましたが、民俗芸能あるいは郷土芸能というものは、思いがけず広い範囲にわたる情報を含んでいるようです。岩手・黒森にも宮城・渡波にもその情報が集まるなにかしらのポイントがいつの時にかあったのかもしれません。

そして、今回オイリュトミーという要素も加わって、東北の復興を願う舞い方たちに出会えたことを喜びながら、Stuttgartでの支援活動をさらに展開していきたいものです。

WMはそろそろ決勝戦です。ドイツが勝ち残ってくると、6月13日、あの心理マジシャンが書き残したWM勝者予想が気になります。発表されるのかな?


d0132988_72174.jpg

ななずまいを舞った人々
Stuttgart日本人会広報 出口撮影



 

シュタイナー施設、スイス・ドルナッハでの賢治シュタイナー学園公演『中野七頭舞』
[PR]
# by kokouozumi | 2014-07-12 07:10 | 人々 | Comments(0)

庭の展示会 その2











私の大家さんでもある、マーティンとバーバラ兄弟が、庭の展示会の写真を取りました。
こっちの写真のほうがきれい!
ということで・・・

d0132988_6281975.jpg







d0132988_6283521.jpg







d0132988_6285657.jpg









d0132988_629935.jpg









d0132988_6293042.jpg









焼き鳥おいしそう!!接待役の私は食べ損なった・・・
でも、ずっと焼き続けてくださったお手伝いの方々有難う
それからアトリエの台所で、準備してくださった方々も有難う

d0132988_629476.jpg












d0132988_630960.jpg



alle Fotos von Marthin und Barbara Heltner


久々の展示で
感じたのは
新しい作品を、もっと作りたい!
と、いうこと
[PR]
# by kokouozumi | 2014-06-30 06:42 | 陶芸 | Comments(0)


メモ


by kokouozumi

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
陶芸
美術
オイラー
人々

独逸

未分類

タグ

Blog & HP

以前の記事

2017年 09月
2016年 09月
2016年 07月
more...

検索

ファン

記事ランキング

画像一覧